JUST FOR FUN

Twitterでネタにするほどでもなく、Facebookで語るほどでもない話題の置き場

iTunesの「今週のシングル」コーナーで育った人の昔話。

 

今日は、アップデートを重ねていくたびに使いにくさが増していくiTunesについての昔話。

 

初めて僕がiPodそしてiTunesに触れたのは中学一年生のとき。

もう10年も前の話になるんだけど、その当時はiTunes Musicには「今週のシングル」というコーナーがありました。

 

このコーナーではその週のスタッフ注目アーティストの楽曲が紹介されており、1週間限定で1曲だけ無料ダウンロードできるようになっていました。

 

お金がないのと、なんとなく有償で音楽をダウンロードすることにまだ抵抗感を感じていたその頃の僕には素晴らしいサービスでした。

 

「えーなにそのサービスいいな〜。」と思った方も多いかもしれませんが、残念ながら実はこのサービスは2015年で終了してしまいました。Apple Musicの準備段階として消されてしまったようです。

 

まあ、確かにSpotifyなどのオンデマンドミュージックサービスが流行り始めた頃だったし、時代に合っているとは言えませんでした。終了しても仕方ないサービス。

 

けれども、あのとき毎週更新される「今週のシングル」コーナーを楽しみにしていた自分を思い出すと色々思うことがあります。

 

「今週はハズレだな。」

「来週は誰くるだろう。」

「なんだよ、今週インストかよ。」

等々色々思いました。

 

今日はあの頃iTunesで初めて知って大好きだった懐かしい(もう名前を聞かなくなってしまった)アーティストの楽曲を紹介していきます。

 

 

溝渕 文 / 雨粒

香川県在住のシンガーソングライター。この曲、当時死ぬほど聞いてたんだけど、公式サイトを確認する限り、現在は活動されていないようです。残念。
・・・と思ってたら、Twitterは普通に更新してた!フォロワー143人!!俺より少ない!!しかも2012年から登録していながら563ツイート!!(勢いでフォローしました)

 

Loostripper / "Hello, Buddy"

時代が時代なら絶対売れてたと思うんですよね。PV見てると目が疲れますけど。彼についても公式サイト(http://infoloostripper.wixsite.com/loostripper-hp)(Wix.comで!しかも無料ドメインで作られてる!)をぱっと見るに活動してないのかな?と思ったけど、「2016年 New Album制作中」とある。なんでだろう、この一曲しか知らないニワカなのにちょっと嬉しい自分がいる。

 

ドラグスタ/小林太郎

これを初めて聞いたときの感動は未だに忘れられません!!!
くそカッケェwギター買うなら絶対フライングVだ!!って当時思ってました。

 

Wienners/シャングリラ

僕の記憶に間違いがなければ、これ当時めちゃくちゃ叩かれてた楽曲です。◯◯のパクリだなんだ、色々言われてかわいそうでした。僕はすごい好きだったんだけどPVのセンスがやばすぎてこの楽曲限り追いかけませんでした。大出世しましたね。

 

Lillies and remains - Moralist S.S.

これは割と有名な方では・・・?Youtubeの動画再生回数も20万回超えてますしね。今思えばBloc Partyの影響をもろに受けてるバンドなんですが、当時はドチャクソかっこいい印象でした。僕の中ではブンサテより先にこのバンドを知ったのでブンサテを知った当初は似たバンド出てきたなぁとか勘違いしてました。ただただ恥ずかしい。ちなみに僕はこの曲の後に発表された「Devaloka」という曲が一番好きです。

 

Subway Killer/Psysalia psysalis psyche

BOOWYの次に「もしも解散していなかったら・・・」妄想の捗るバンドです。くそかっこいい。カラオケで歌いたい。

 

Veni Vidi Vicious "Cosmo"
The MirrazとかSISTER JETとかのグループで共に日本のリバイバルロックの先駆け的存在だったバンド。この曲で知ってアルバム買ったなぁ。ちょっと調べたらヤフオクでクソ高値でCDが売買されてました。びっくりすることに公式サイトもTwitterもないよう模様。バンド名で検索すると武井優心(Czecho No Republic)との対談が一番最初に出てくる。解散してしまったのかな・・・?

 

紫陽花 / NIKIIE(ニキー)

最後。この楽曲はネットの情報を見るに「今週のシングル」に選ばれていないようなんですが、僕の記憶が正しければ絶対どこかで「今週のシングル」に選ばれてたはずです!だってじゃないと絶対自分で買わないようなアーティストですもん!(笑)でも、この曲ホントマジで素晴らしいんですよ。歌詞の一文一文が心に刺さる。失恋ソング大好きマンとしては未だに人生のベスト失恋ソング5本の指に入る曲です。

 

 

以上となります。


まあ、当時のiTunesを知らない人からしたら「はぁ。。。」という感じでしょう。

「今。売れてるバンド少ないじゃん!」と思った人が多いかもしれませんが、それは今回僕がピックアップしたアーティストが偏っているだけで、ユニゾンだったりワンオクだったり秀吉だったりandymoriだったりOKAMOTO'sだったりふくろうずだったりかまってちゃんだったりアルカラだったりPlentyだったり...それなりに有名なアーティストさん方も当然週によっては配信されていました。今日は紹介しませんでしたが、洋楽も多かったです。

 

当時のこのサービスの担当者さんには大変お世話になりました。

僕が今いろんなジャンルの音楽を楽しめているのはこのサービスのおかげと言っても過言ではありません。

 

今日は以上です。