JUST FOR FUN

Twitter:@okwra Facebook:ayato.ookawara GitHub:@tearon4 other:@taiga006

Udemy「はじめてのGitとGitHub」を修了。

エンジニアとして今後仕事でどんどん使っていくであろうGitについて、今まではなんとなくネットの情報を見てコマンドをそれっぽくして使っていたが、改めて一から勉強しようとUdemyで「はじめてのGitとGitHub」を受講。短くて、わかりやすい講義でした。(講師の人がすごい元気でやる気があるように聞こえる。)

 

f:id:taiga006:20170419205259p:plain

 

Udemy、定期的に日本語コンテンツが増えてるし、こうやってちょくちょく無料コンテンツも出始めているので重宝してます。

少なくともいま日本で頑張っている初心者向けプログラミング動画コンテンツで学ぶよりはより実践的で興味深いものが多い気がします。(もちろん、そういったコンテンツの需要もわかるけどね。)

 

まあ、そんな感じで今度はSwiftの講義を買ったのでそちらを受講しようと思います。

春だからoh-my-zshのテーマに'wedisagree'を選んだ

ゆるふわなのでoh-my-zshのテーマ'wedisagree'にしてみた

f:id:taiga006:20170415000821p:plain

職場で支給されたMacBookPro2016にzshを導入したので、だいぶ今更oh-my-zshを使ってみた。 テーマの数が膨大で何が良いとか悪いとかわからなかったので、とりあえず'wedisagree'を導入。

git初心者なのでアイコンで状況がわかるのはすごい助かる。

Quick Reference for Git Mark of oh-my-zsh ‘wedisagree’ Theme

@maangieさんの記事から以下のコードを.zshrcに追記しておくと楽。

function ph() {
  local prompt_descriptions
  prompt_descriptions=(
    $ZSH_THEME_GIT_PROMPT_DIRTY 'dirty\tclean でない'
    $ZSH_THEME_GIT_PROMPT_UNTRACKED 'untracked\tトラックされていないファイルがある'
    $ZSH_THEME_GIT_PROMPT_CLEAN 'clean'
    $ZSH_THEME_GIT_PROMPT_ADDED 'added\t追加されたファイルがある'
    $ZSH_THEME_GIT_PROMPT_MODIFIED 'modified\t変更されたファイルがある'
    $ZSH_THEME_GIT_PROMPT_DELETED 'deleted\t削除されたファイルがある'
    $ZSH_THEME_GIT_PROMPT_RENAMED 'renamed\tファイル名が変更されたファイルがある'
    $ZSH_THEME_GIT_PROMPT_UNMERGED 'unmerged\tマージされていないファイルがある'
    $ZSH_THEME_GIT_PROMPT_AHEAD 'ahead\tmaster リポジトリよりコミットが進んでいる'
  )
  local i
  for ((i = 1; i <= $#prompt_descriptions; i += 2))
  do
    local p=$prompt_descriptions[$i]
    local d=$prompt_descriptions[$i+1]
    echo `echo $p | sed -E 's/%.| //g'` $reset_color $d
  done
}  

"Club"系ミュージシャンを雑にまとめてみた。

はじめに

この記事はロックバンド Advent Calender 2016の12/20担当分の記事です。

当初は今年惜しくも解散してしまったGalileo Galileiについてまとめようかと思っていましたが、記事を書いているうちに「好きすぎて文章に落とし込めない」と気づいたので今回は内容軽めのネタ記事です。

タイトルの通り、最近“Club”って単語がバンド名に入ってるバンドをやたら目にしませんか?

あとで紹介しますが、Awesome City Clubや Helsinki Lambda Clubなんかは今年一気に知名度を上げた気がします。

今回は古くは米米クラブから最新のインディーズまで“Club”と名前に入っている以外はそんなに関連性のない、けどまあいい音楽作ってるミュージシャンをバンバン紹介していきます。

邦楽部門

Awesome City Club

ロックバンドAdventCalenderから来るような人たちには説明不要かと。
下北沢発っぽくない。「架空の町Awsome Cityに流れるサウンドトラック」というコンセプト。
まあ、いまや言わずと知れた…って感じですね。有名どころでこの曲を紹介しておきます。
いしわたり淳治プロデュースの新曲も素晴らしいのでまだ確認されてない方はぜひ。

続きを読む