Continue(s)

Twitter:@dn0t_ GitHub:@ogrew

About RayTK

この投稿はTouchDesigner Advent Calender 2022の12/4分の投稿です。 実家帰省中につき、小ネタでお茶を濁します。 TouchDesginer向けのレイマーチング用ライブラリ「RayTK」の紹介です。 無料で使えます。 使い方は簡単で、ここからtoxをDLしてあとはTouchD…

10月。

今月は、フィルムもデジタルも。 まずは、初めてのSUPERIA PREMIUM400で撮影した写真から。 安定の縦構図。大好きな2枚。 近所をお散歩。ひたすら公衆トイレを探しながら撮った思い出。 緊張と緩和。ストイックな被写体選び。 これまた近所。横浜は、嫌にな…

9月。

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISを買った。 借物をのぞけば初めてのズームレンズだ。 カメラを始めるといろいろな場所で「初心者はズームレンズではなく単焦点レンズで感性を磨け」的なアドバイスを目にする。 実際、カメラを初めてここまでほとんど単焦点のみで過…

8月。

某日、多摩川河川敷を散策。 週末の天気予報が珍しく太陽燦々という感じだったので出かけてみたら、既に行きの電車からの風景でどん曇りであった。 日本橋周辺を歩く予定だったが、しかたがないのでいつもの川崎駅で途中下車して多摩川沿いをてくてくと歩い…

"SIGMAの10年展"へ

土曜日。 台風が関東にじりじりと迫る。 そんな日にわざわざ電車に乗って東京は銀座に向かう。 お目当てはカメラメーカーSigmaの展示、正しくは「SIGMAの10年 — プロダクトデザイナー岩崎一郎」展。 私はSigmaのカメラは所有していない。 しかし、今年の春、…

7月。

気がつけば蕎麦ばかり注文している今年の夏。 先週末は高校時代の同級生同士の結婚式で群馬に帰省していた。 世間的にはおそらく神奈川に比べて群馬のほうが夏は暑いイメージだが、個人的には湿度がまるで違うので暑さの感じ方もだいぶ違う。 個人的には群馬…

本をつくります。

(Podcastでは少し前に告知した話ですが…) 久しぶりに#週刊p5jsを再開しようと思い、6月に入ってから今更OpenProcessingに登録しました。 重めな案件終わりの清々しい開放感で、一週間で30作品くらい一気に作ってしまいました。 いつもであればこれらのクリ…

6月。

地元、群馬の伊勢崎市で気温40度超えを記録したその日、俺はいつものようにカメラを片手に散歩をしていた。 降りたのは新川崎駅。この日は南武線沿いをジグザグ渡り歩きながら川崎駅を目指すことにした。 すっかり日に焼けた暖簾が目印の町中華で担々麺と…

"写真と絵画「柴田敏雄と鈴木理策」"へ

連日、目を疑うような数字が並ぶ天気予報を眺めながら「今週末はどこか涼しいところで過ごそう」と心に決めていた。 その矢先、TLで好きな写真家「鈴木理策」さんの名前を見かけた。 何やら東京のアーティゾン美術館というところで展覧会をやっているらしい…

5月。

五月は何とか見繕った土曜日の半日を使って、写真と撮りに出かけた。 この日、初めてブルーラインの弘明寺駅を降りた。 実は今の家とギリギリまで候補検討した物件が最寄り弘明寺駅のアパートだった。 もしかしたら住んでいたかもしれない土地というロマン。…

ホビー数学08「抽象代数学への招待」(N予備校・特別授業)

…ということで、 N予備校生になりました! (正しくは無料の体験受講生ですが。) 目当てだった、東工大の加藤文元先生による特別講義「抽象代数学への招待」を受講し終えたので、今日はその感想を書きます。 はじめに本題と外れたところで、私と加藤先生と…

【Unity】DMI vs DMI2

はじめに (界隈には今さらな技術かもしれませんが…。) あるメッシュを大量にレンダリングしたいとき、Unityではいくつか方法がありますがGPU Instancingはその中で強力な手段の1つです。 特に今回はUnityが用意している2つの描画用API Graphics.DrawMesh…

ホビー数学07「ベッドルームで群論を」

まずはじめに、この本は群論の本ではない。無論、代数学の本でもない。 アメリカの科学雑誌のコラムニストが25年間書きつづけた数多の文章から選びぬかれたエッセイ選集である。 私が独りでやっているこのホビー数学の活動には、今までこれと言ってルール…

ホビー数学06 すうがくぶんか「群論入門」

GW中、特に大きな外出予定はなかったのでもくもくと家で数学をしていた。 今回は、すうがくぶんかさんの「群論入門」の無料講座を紹介する。 この講座は去年の年初に開講されたもので、全体で約6時間と、他のすうがくぶんかさんの講座に比べればライトな部類…

4月。

私のフィルム写真の現像はすべてカメラはスズキ(通称カメスズ)さんにお願いしている。 現像の雰囲気を店独自の番号でオーダーできるのが気に入っている。 私は1年近く変わらずいつもテイスト33番で注文している。 (そして、お店の方々にも33番の人と…

ホビー数学05「初学者のための数論入門」

ついに、読み終えました。 3月中ごろからコツコツと読み進めて、なんとかGW前に。 休日もほぼ毎日向き合っていたので、気分的にはこれでやっと新年度が迎えられるといった感じです。 後にも書きますが、本書は代数的整数論の分野を、いわゆる代数学の知識を…

ホビー数学04「フラクタル」

数学を趣味として再開してかれこれ4ヶ月ほどが経つが、いかんせん独学な上に予算も少ないので、購入する書籍には慎重にならざるをえない。 ネットのレビューでは初心者向きとあったのに、読んだらまるでちんぷんかんぷんな内容の群論の本を買ってしまったり…

Rustでフラクタル図形の次元を求める

はじめに 最近読み始めたこの本がとても面白い。フラクタル幾何学が専門の大学教授が私のようなアマチュア数学ファン向けに『フラクタル』な図形が持つ学術的な面白さ、あるいは自然界に見られる『フラクタル』の神秘性についてコンパクトに解説する内容であ…

3月。

一つのことにのめり込んだらそれまで他に注いでいた情熱まで吸い取られるように持っていかれる。 つくづく自分の性格だなと思う。 最近は以前と違い、暇な休日はカメラではなく数学の本とノートを持ってカフェに行く。 ほとんど一日数式と向き合って(ときど…

Rustでフェルマーテストを実装する

はじめに 前回に引き続き、整数論の勉強中に知った知識をRustで実装するシリーズです。 今回の流れは、以下の通りです。 ①素数の性質を示すフェルマーの小定理を紹介します。 ②それを利用したシンプルな素数判定の方法(フェルマーテスト)をRustで実装しま…

Rustでリュカ・レーマーテストを実装する

こちらの書籍でリュカ・レーマーテストの名前を知りました。 完全数(Perfect Number)とメルセンヌ数 (Mersenne Number) の関係は有名ですが、メルセンヌ数の中で素数であるもの、即ちメルセンヌ素数(Mersenne Prime)を判定するのに使われる効果的な手法の一…

新書で親しむ数学04「無限と連続」

戦後の数学教育の大家であり東工大名誉教授も務められた遠山啓先生の有名な新書。 楽譜が読めなくても音楽が楽しめるように、数式が分からない読者でも数学を「鑑賞する」ことができることを念頭に置いて書かれている。 本書のタイトルからもわかるように遠…

ホビー数学03「"集合と位相"をなぜ学ぶのか」

技術評論社から2018年に発売。 発売した当初から僕のTLでは評判が良さそうだった。 しかし、そのときはこのタイトルから 「数学科って集合とかやるんだ〜、ド・モルガンの法則とかかな。位相?ドーナツとマグカップは一緒ですよ、みたいなやつ?」 って感じ…

"本城直季 (un)real utopia"へ

土曜日、特に予定もなく予報では天気も悪そうだったので、東京都写真美術館に行くことにした。 行くことにした、なんて書いたが初めて行った。行こう、行こうと思いつつ、なかなか行けるタイミングと見たい展示とが重ならなかった。 今回は以前から好きで追…

ホビー数学02 予備校のノリで学ぶ「群論入門」

人気教育系YouTuberのたくみさんの群論入門の講座。 9本の動画で合計約300分の長編プレイリスト。 群論自体はまったくの初学者で、一応他に参考書を購入してはいるのだが数ページ読んでさっぱりだったのでSNSなどで評判のいい彼の動画をまず見てみること…

ホビー数学01「数論への招待」

読むぞ!と意気込んでから、ほとんど毎日寝る前1時間程度ノートを取りながら学習して、約1ヶ月で読み終わることができた。 自分はそうしておいてなんだけれど、正直なところ本書に関してはノートを丁寧に取るような本ではないかもしれない。 ターゲットと…

"ETERNAL Art Space"へ

日曜日の朝から観てきました。MUTEK Japanが手掛ける新企画"ETERNAL Art Space"。 会場はりんかい線国際展示場駅から徒歩1分、パナソニックセンター東京。 今回は50分の公演時間で8つのデジタルアート映像作品を連続して体験できます。 お客さんは50人くら…

新書で親しむ数学03「無限のなかの数学」

「無限のなかの数学」志賀浩二 (1995) 最初に断っておくと、読むには読み終えたが、 私はこの本の内容を完全に理解できたとは言えない。 特に第四章のカントルの集合論が成熟していく中でルベーク積分が提唱され、そこから現代数学がさらに発達していく物語…

2月。

2月は精神的にも肉体的にも活動的な月だった。 大阪と京都にそれぞれ出張があったことが大きい。 忙しさの振り幅が大きいと休日の惰眠の貪り方も極端になる。 それは同居人も同じなようで、最近はほとんど自炊をしていない。 11時くらいに起きて出前をとって…

新書で親しむ数学02「美しい数学入門」

「美しい数学入門」伊藤由佳理 (2020) 一昨年出たばかりの岩波新書。 左とじで、謝辞とあとがきを除けば160頁にも満たない薄めの書籍である。 著者の伊藤由佳理さんは、カブリ数物連携宇宙研究機構(IPMU)というところで教授をされている方。IPMUという名前…