Continue(s)

Twitter:@dn0t_ GitHub:@ogrew

2024-06


最近良かったもの。

「アンメット」の第10話、成増先生がガトーショコラを1つだけ買って帰るシーン。

(第9話のラストがすごいから、と言われて見始めたけど個人的にはこっちのシーンが好き。原作にもあるのかな。)

「ガールズバンドクライ」の最終話、エンジニアの中田さんの「10年後、生き残ってたらまたおいで」のシーン。

(大人になって思うよね、自分も中田さんみたいな人でありたいと。)

響け!ユーフォニアム」3期の第12話、ソリの公開オーディションで黒江真由が選ばれて名前呼ばれた後のスローモーションのシーン。

(すごすぎてコメントができない。アニメーションの良さの全部が詰まっていた。)

映画「ルックバック」で藤野が京本の存在を知り、無我夢中で絵の勉強をする冒頭のシーン。

(あとは、藤野と京本が東京を冒険するシーンの、二人の繋いだ手の描き方、動き方すべて。)

映画「チャレンジャーズ」のラストの展開。

(本当に震えた。僕にとってあれこそ映画!って感じだった。)


ヒートウェイブの「TOKYO CITY MAN」というアルバムがある。

30年近く前の曲なのに、今まさに自分に刺さっている。

特に収録曲「オールドマン」という楽曲がとても好きで、酔った帰り道は必ず聞いている。

初めて聞いたときがその人にとっての新譜よ、と平成の歌姫がインタビューで答えたことがつい最近も話題にあったが、本当にその通りだと思う。

誰かの、そういうものを作りたいなと、思う。

2024-05

今年のGWは予定していなかったが、1日だけ帰省した。

初めて妹の彼氏に会った。もう5年ほどの付き合いらしい。

いつも行く居酒屋で、乾杯した。

気さくで愛嬌のある好青年だった。

親も俺も緊張していたのか、隙あらば追加でメニューを注文をして。

キープしていたボトルも次々と明けてしまい。

なんだか酒に乗じて余計なことも言ったような言ってないような。

妹と俺はまるで正反対の人間なんだけど、この家族に自信とプライドを持っている。

応援している。

そのあとは、家に帰って飲みなおして、結局3時くらいに寝た。

翌朝目が覚めて、酒が全く残っていないことに自分でびっくりした。

帰りの新幹線でUnknown Mortal Orchestraの『That Life』を聴いて。

そうだよね、とか思ったりする。


この秋で、今の家の契約が終わる。

そろそろ真面目に次の居住地のことを考える。

うまい具合に年末に引っ越しができるとは実は思っていない。

下半期、ばばーんと忙しそうだし。

とはいえ、知らない街のことを調べるのは楽しい。

その町に住む誰かを想像する。

その町に住む自分を想像する。


都会に懐かしさは感じないけど、

利根川に青春のすべてがある人間だから、

川の存在って俺の中で大きいのかも。

多摩川沿いの土手を歩きながらそんなことを考えていた。

そろそろ新しいスニーカーも買わないといけない。足が痛い。

来年にはもしかしたら都民かー、とか考えてたけど、

この間鎌倉で髪切った後に散歩してたら

やっぱ鎌倉サイコー!

ともなったので先のことは分からない。

ずっとこんな日が続けばいいのに、と、いつまでこんな日を続けているんだの振り子。


屋久島、三泊四日。

年の半分以上が雨の島で、

奇跡的に快晴に恵まれた。

本当よかった。ありがとう、ずっと忘れない。