JUST FOR FUN

Twitter:@okwra GitHub:@tearon4

「1000%の建築」(著・谷尻誠)を読んだ。

一言で言えば、絵本のような本でした。

 

f:id:taiga006:20180204214018j:plain

 

先に断っておくと、谷尻誠さんのことはこの本で知りました。

(お恥ずかしならが…)

なのでこれまでの建築作品とかはほとんど知らずに本書を読みました。

実際、建築家が著者の本を読めばこれまで手がけた作品の写真がいくつかは出てくるんだろうなぁと思って手に取ったんですが、これが全く出てこない。笑

 

冒頭の章で自分の実家の間取り図が出てくる以外は建築家っぽいイラストさえ出てきません。

 

この本はどちらかといえば普段建築家の頭の中がどんなことで構成されているのか、をチラッと覗き込むための作品と言えるでしょう。その意味でいえば谷尻さんはとてもgoodな建築家さんだと感じました。

 

アカデミックすぎない、かといってアーティスティックすぎない、常に枠の外にあろうとする人。ひねくれ者。

 

個人的には「名前が事象の役割を決定づける」という話がいかにも天邪鬼的な発想で共感できるものがありました。

 

f:id:taiga006:20180204212750j:plain

 例えば【コップ】は【コップ】と名前が付いているから何かを飲むための道具として認識されるけど、一度【コップ】という名前を取っ払ってしまえば金魚鉢にも花瓶にもなり得る = 名前が可能性を奪っているという話

 

例えばそれがダンボールであっても【POST】とペンで書いてあげることで郵便屋さんはそこに郵便物を入れてくれる = 名前が可能性を広げてくれるという話

 

THE FUTURE TIMESのゴッチとの対談でも同じ話をしていますね。 


改めて本当に言葉を大切にする建築家さんなんだな、と感じました。

こういった「当たり前を俯瞰で見る」というのは職能関係なくクリエイターであれば必要なことだとぼくは思います。

(現にこの本の中に掲載されている漫画家の窪之内英策さんとの対談でもお互いの仕事に対するこういった類似点が語られていました。)

 

そして何より面白いのが、この本は「読む」という行為、それ自体を「俯瞰で見る」ということに挑戦しています。

 

最初に「絵本のような本」と書きましたが、まさしく「絵本」とは、まだ「読む」という行為自体が当たり前ではない子供が言葉とイラストで物語を理解するためにあるプロダクトです。この本では改めて「読む」とはなんなのか、自分のメッセージを読者により理解してもらうためにはどういった構成にすれば良いのか、本のあり方を谷尻さん目線で【翻訳】した作品と言えるでしょう。

 

僕は、全部を読んだ後に「本当に全部を読んだのか?」とついペラペラと頁を巻き戻してしまいました。笑

 

とってもハッピーな本でした。

 

1000%の建築

1000%の建築

 

「建築家、走る」(著・隈研吾)を読んだ。

f:id:taiga006:20180203180054j:plain

世界を股にかける建築家・隈研吾

彼の半生を通して彼自身が持つ建築に対する哲学がバッチリと伝わってきました。

なによりどの章も、(個人的には「石の美術館」の話が特に!)建築家としての「スマートさ」ではなく「泥臭さ」がひしひしと感じられる内容で、門外漢の自分が読んでもつい唸ってしまうような話ばかりでした。

 

面白かったのは偶発的な事故で建築家にとっての宝でもある利き腕の自由を失った彼が、そのことを通して初めて無意識の制約から開放されたという話。

それまでの社会に対して能動的だった自分がガラリと一転し、受動的に世界を見れるようになった、と。

大きな怪我によって建築にとって大切な「場所」を感じ取りやすくなったというのはなんとも皮肉……というか不思議な話です。

 

また、コンクリート建築と木造建築の比較、これ自体はいろいろな著名人が語っていることですが、隈研吾さん自身の語る「死にゆく建築」の話は難しい建築哲学を知らなくてもスッと理解できる上に納得させられる内容でした。

 

本書は真面目な内容ももちろんなんですが、時折文章に垣間見える隈研吾さん自身の根暗な部分、ニヒリストな部分が毒舌となって表現されていて、その人間らしさが好きになりました。

 

f:id:taiga006:20180203180537j:plain

「建築家、走る」はタイトルの通り建築家・隈研吾自身がいかに日本・世界を走り回って一貫した現場主義、いや「場所」主義で”建築”と向き合ってきたかがわかる良書であると同時に隈研吾さんが見るコルビジェ以降の建築業界の歴史的経緯を理解するのにもぴったりな一冊といえるでしょう。

 

あらためて今年は「建築」についてもっと詳しくなろうと思わせてくれた1冊でした。

 

建築家、走る (新潮文庫)

建築家、走る (新潮文庫)

 

 

MacでOCamlの開発環境を整えるまで[2018年]

f:id:taiga006:20180304132324j:plain

dev.to

年始にこの記事を読んで「プログラミングの基礎」という関数型言語の入門書を購入しました。

プログラミングの基礎 ((Computer Science Library))

プログラミングの基礎 ((Computer Science Library))

ちょうどElmの勉強で関数型についてもう少ししっかり学んでみたいと思ったからです。

この本には開発環境の立て方までは記述されていなかった(本の性質から言ってなくて良い)ので、今日は自分で調べて行った手順をまとめておきます。

続きを読む

「SHOE DOG 靴にすべてを。」を読んだ。

SHOE DOG(シュードッグ)

SHOE DOG(シュードッグ)

たまたま近所の本屋で手に取った本。
とにかく表紙のセンス(見た目も手触りも)がよかったので購入。
どうやらNIKEの創設者であるフィル・ナイト氏の伝記らしい。

f:id:taiga006:20180121193012j:plain
(めっちゃ見た目厳つい...)



NIKEがもともとオニツカタイガーの輸入代理店であったことは知っていたが、その後どうしてオニツカと縁を切ったのか、もちろん知らなかったし、そのあと日商岩井(今の双日の前身)に救われたという話もこの本を読むまで知らなかった。

日本とこんなに縁のある企業だったとは...。禅を学んだり、富士山に登ったり、とフィルナイト自身がだいぶ親日家であることは間違いないようだ。

それ以外にも銀行との融資やなんやらのトラブルや上場するか否かや海外展開の話など、多難な起業ストーリーは、まさに「事実は小説よりも奇なり」を地でいくような話ばかりだった。

とりあえず来月はNIKEのシューズを久しぶりに買おう。 やはりこの本を読んだからにはコルテッツかな、、、

WYSIWYGチックなMarkdownエディタ「Typora」が最&高

f:id:taiga006:20180120190312p:plain

多機能なテキストエディタがたくさん世の中にある中、ついに出会ってしまいました…!

Typoraはとにかくシンプルで軽くて使いやすいエディタです。

このTyporaはWin/Mac/Linux全てに対応しており現在β版につき無料でDLできます。

(OSSではありませんので注意。あくまで将来的には商用つまり有料になる予定です。)

普段の開発はもっぱらVSCodeな僕ですが、こういった多機能なエディタでMarkdownのちょっとしたメモとかTODOを書こうとすると入力画面とプレビュー画面の2ペイン表示で書く必要があり、これが画面の幅を無駄に食ってユーザビリティ的にBADでした。

それがこの「Typora」だと1画面Markdownのほぼほぼリアルタイム編集が可能(無駄なプレビュー領域が入らない)で、もー とにかく最高

元のMarkdownコードが見たくなったら「Ctrl + /」でmdソースコードが見れます。

コードのハイライトも多くの言語に対応しているし、シーケンス図やフローチャートなども書けちゃいます。

f:id:taiga006:20180120191026p:plain

テーブルの挿入がGUIでできるのも今っぽい。画像もD&Dで追加できてちゃんとプレビューされる。

f:id:taiga006:20180120191112p:plain

後、細かいところでコードブロックを作ったときに言語指定がサジェストされるところ。

いちいち、「この言語ってTypora対応してるのかな?」とか考える必要がない。

(まあそんな珍しい言語まず使わないですが。)

f:id:taiga006:20180120190737p:plain

痒いところに手が届くエディタ。

ちなみに開発は中国人エンジニアのAbner Leeさんという方のようです。

デフォルトで複数のテーマが選べます。

f:id:taiga006:20180120190852p:plain もちろん自分で追加したCSSも適切なフォルダに入れればメニューに表示されます。

出力形式もPDF,HTML,LaTeX,OPML...などなど様々。

個人的にはさっき書いたように仕事のメモとかに使っているんですが、大学の講義ノートとかに使うと良さそうと思いました。

ダウンロードはこちら

「インフラエンジニアの教科書」を読んだ。Part2

この記事は前回記事から続きです。 taiga.hatenadiary.com

※あくまで本書を読みながら取っていたメモを復習用に載せているだけですので、細かな間違い等あるかと思います。

続きを読む

「インフラエンジニアの教科書」を読んだ。Part1

知り合いの勧めで購入した「インフラエンジニアの教科書」がとても良かったので紹介させていただきます。
(実はその友人は「インフラエンジニアの教科書2」を本当は勧めたかったようですが...)

買ってからわかったことなのですが、著者の方がLINEのインフラエンジニア @sanonosa とのことで(Twitterフォローしてた!)、教科書という名前ほど内容も硬いものではなく、普段の業務でのインフラエンジニアの立ち振る舞い方など現場目線の話が多く、インフラ素人人間でも読んでいて面白かったし為になるものでした。

twitter.com

ちょうど読み終わったので、ここでは読みながら並行して僕がとっていたメモを載せておきます。

強調しておきますが、ここに書いたものはあくまでメモであり、もしこの記事を読んでる人で手元に本書がなく(そしてインフラの知識をつけたいのであれば)ぜひ購入して欲しいと思います。おすすめです。

インフラエンジニアの教科書

インフラエンジニアの教科書

続きを読む

Redashでクエリの表示に色を付けたり文字サイズ変えたりリンクを張ったり…

github.com

普段業務でも使っているRedashについてkakakakakkuさんが公開しているハンズオン資料を見て復習していて初めて知ったのですが、Redashはクエリ結果に HTML を埋め込むことができるようです。

help.redash.io

公式のヘルプの文章ができることがわかりやすい。

普段、無味無臭(まあシンプルでいいんですが)のクエリ結果が多少カラフルに出来たり、フォントサイズを変更して強調できたりするんですね。

続きを読む

Data::Validator ~ 多機能かつシンプルにサブルーチンの引数をバリデート ~

f:id:taiga006:20180304133957p:plain

プライベートでもお仕事でもお世話になっています。

github.com

基本的にはHASH or HASH_REF の形での値の引き渡しができることは知ってるのだが、withを使った拡張によっていくつか応用が効くみたいであり、それをイマイチ把握してなかったので今回は適当なスクリプトを書いてそれらを確認してみた。

続きを読む